papamaru パパまるハウスpapamaru パパまるハウス

パパまるハウスの

コラム

コラム
住宅
マイホーム
家を買う
新築
家づくり
成功例
間取り

新築を建てるなら後悔しない間取りにしよう!本当に住みやすい間取りとは?

2022/4/22

新築を考える時、お家のデザインや建てる場所も大切ですが、「間取り」について悩んでしまう方が多いのではないでしょうか?SNSやネットを見ても、「どういう間取りが住みやすいのか?」「間取りで気を付けることは?」なんて考えている方がたくさんいます!みなさん、「お家の間取りで失敗や後悔をしたくない…!」と思っているみたいですね…。

今回は、「本当に住みやすい間取りとは」について徹底的にご説明!一般的な間取りから、坪別の住みやすい間取りや成功例、パパまるハウスが考える住みやすい間取りについてまでご紹介しますね。

 

▼目次
住みやすい間取りのポイントは人それぞれ
坪別の住みやすい間取りと成功例
パパまるハウスが考える住みやすい間取り
まとめ

|住みやすい間取りのポイントは人それぞれ

 

23607104_s._2jpg

 

「住みやすい間取り」についてご説明する前に…。みなさん、「お家の間取り」というと、どんなものを思い浮かべるでしょうか?

・2階建てだと、キッチンやリビングが1階にあり、寝室や子ども部屋は2階にある
・平屋(1階建て)はLDKと各個室が近い、もしくは繋がっている
・収納専用のお部屋がない
・ウッドデッキやバルコニーは1ヶ所のみ
・子ども部屋や寝室はあるが、パパやママ専用の個室はない

みたいなものを思い浮かべるのではないでしょうか。

今挙げたような「一般的な間取り」といわれるものを「住みやすい!」と思う人もいるかもしれませんが…、好みは人それぞれ。住みやすい間取りのポイントは、その人のライフスタイルによって違いますし、建てるお家の坪数やタイプ(平屋や2階建てなど)によっても異なるんです!

一度お家を作ると、なかなか建て直したり間取りを変えたりすることはできません!「この間取りが一般的だから…」と決めつけず、自分のライフスタイルや建てるお家の広さによって慎重に選ぶことが、後悔しない住みやすい間取りにするためのポイントになります!

|坪別の住みやすい間取りと成功例

 

22903544_s_2

 

しかし!慎重に選ぶことが必要だとは言われても、「お家づくりが初めて」という方がほとんどですよね…。「どういう間取りが自分にとって住みやすいのかわからない…!」という方が多いのではないでしょうか?
そういう時に参考になるのが、すでにお家を建てた方の成功例です!ここでは、お家のタイプや坪別に住みやすい間取りや成功例をご紹介していきますね。

〇平屋の住みやすい間取り
平屋は1階にリビングやキッチン、トイレや寝室・子ども部屋まで、すべてのお部屋が入ります。そのため、よほど広い土地のお家でない限り、お部屋一つひとつが狭くなったり距離が近くなったりしてしまうので、注意が必要です!間取りを工夫して、お部屋をなるべく広く、適度にプライバシーを保てるようにすると、住みやすいお家になります。

〇平屋の間取りの成功例
・家事動線をコンパクトにする…
平屋は広い土地に建てる場合が多く、お部屋同士の移動距離がかかって大変…という意見も。家事動線をコンパクトにするのが、住みやすくするポイントです。例えば、すぐに洗濯物が干せるように、洗濯機置き場の近くにバルコニーを設置したり、お風呂場とキッチンを近くして、お料理の合間にお風呂掃除ができるようにしたり…、なんて間取りが使いやすかった!という声があります。

・玄関とLDKを近くにする…
平屋は来客時、寝室や子ども部屋が同じ階にあるため見えやすくなりますよね。プライバシーの面が心配ですが、玄関とLDKが近い間取りにすると、他のお部屋が見える前にお客様をお通しできて安心だった、という成功例もありました。

・収納スペースを確保する…
2階がない分、スペースが限られてしまう平屋。「収納場所が確保しにくい」という話もチラホラ聞きます。隙間や床下などに収納スペースを確保するようにすると、見た目もすっきりしてよかった、という声が。また、思い切ってロフトや屋根裏に専用の収納スペースを作ると便利、という意見もありました。

〇30~33坪のお家の住みやすい間取り
お次は2階建て30〜33坪のお家の間取りをご紹介します!4人家族で約32〜40坪の広さが必要だと言われていますが…、「4人家族で40坪以下だと少し狭い!」なんて声も聞きます。平屋と同じように、限りあるスペースを工夫して収納を確保したり、家族同士のプライバシーを保てたりするような間取りにすると、住みやすいお家になります。

〇30~33坪のお家の間取りの成功例
・玄関やキッチンにパントリーを設置…
30〜33坪のお家でも、「収納スペースをしっかり確保しておいてよかった」という意見を多数聞きます。おススメなのがパントリー(食品や食器などを収納するスペースのこと)。玄関近くなら、買ってきたものをとりあえず入れておけて便利ですし、キッチンなら、常温で保存できる食品や飲料、あまり使わない食器をしまえて重宝する、なんて声も。

・パパやママ専用の個室…
最近は、寝室以外にもパパやママ用のお部屋を作る家庭が増えています。リモートワークが普及したための仕事部屋確保、という以外にも、家族それぞれのプライバシーを尊重したり距離を保ったり、という理由もあるようです。ママのお部屋は水廻り近くに作ると、アイロンがけをしたり、洗濯物を一時的にしまえたりできてとても便利だった、なんて意見もあります。

・屋根裏収納…
平屋と同じように「屋根裏収納をつけてよかった」という声もたくさん聞かれました!ここでのポイントは、屋根裏収納への動線です。「はしご」だと、上り下りが大変なので、歩きやすい「階段」にするのがポイントです。

また、より大きい40坪になると、広さを活かしてもっと住みやすい間取りにすることも可能です。
・玄関ホールにも洗面所をつける
・リビングを吹き抜けにする
・キッチンを「アイランドキッチン」にする
・バルコニーやベランダを広くしたり、2つ以上設置したりする
など、「開放感や余裕のある間取りにすると住みやすかった」という意見が多く聞かれました。

|パパまるハウスが考える住みやすい間取り

 

23130369_s_2-1

 

ここまで、住みやすいお家の間取りや成功例をご説明してきましたが…。ここからは「パパまるハウスが考える住みやすいお家の間取り」をご紹介します!

 

パパまるハウスは「企画提案型住宅」で、お家のデザインや間取りが最初から決まっています。そうは言っても、たくさんのお家のパターンがあり、どれもプロがいろいろなライフスタイルを想定して作ったものばかり。注文住宅に比べると間取りの自由度はないものの、どれも住みやすさや動線を考えられたものになっているんです!

 

〇パパまる平屋(軽井沢の家シリーズ)

有名建築家と共同開発した平屋!住みやすさだけでなく、まるで軽井沢の別荘のような解放感と心地よさも魅力です。

平屋(軽井沢の家)_グレースケール

・玄関横の土間収納や各個室にWIC(ウォークインクローゼット)、屋根裏収納(オプション)もあり、平屋に不足しがちな収納スペースは十分
・玄関からLDKが見えにくい配置で、プライバシーが保てる
・平屋なのに、LDK近くに「ママコーナー」つき。また、水廻り同士が近いので、家事動線が短く動きやすい

〇はぴママ
「ママが動きやすい・家族が暮らしやすい」を追求したお家。ママが笑顔になる「ちょっとしたアイデア」をいろいろな場所に配置しています。

はぴママ

・玄関やポーチが広くて、お子さまの靴が脱ぎやすい!三輪車などのおもちゃを置けて便利
・玄関を入ってすぐの場所に大容量のパントリーあり
・1階は水廻りがコンパクトにまとまっていて、家事動線がバッチリ
・2階のバルコニー近くに、洗濯物を干したりまとめたりしやすい、広い「ママコーナー」を設置

〇パパまるカラフル
ご家族だけでなく、ペットも健康で安全に暮らせるよう、いろいろな配慮やアイデアが詰まったお家です

カラフル

・お風呂場近くだけでなく、玄関にも洗面台あり!帰ってきたらすぐに手を洗えて衛生的
・玄関ホールが広く、両サイドに収納あり
・玄関からLDKが見えにくく遠い間取り。生活音も玄関まで聞こえにくいので、プライバシーの確保もバッチリ
・リモートワークにも家事にも趣味にも便利な、「ママコーナー」や「ワークスペース」を完備
・LDKには勉強するお子さま用の「スタディスペース」や、ペットを飼っているご家庭に嬉しい「ペットスペース」付き

この他にも、1階には和室、2階にはLDK以外に個室を3つ設置したパパまる二世帯プランなどもラインナップ。どのプランも住む人のライフスタイルをとことん考え、「住みやすさ」を追求した間取りになっています!

|まとめ

 

今回は「本当に住みやすい間取りとは?」ということで、標準的な間取りから、坪別の住みやすい間取りと成功例、パパまるハウスのお家の間取りまでご紹介しました!

「住みやすい間取り」とは言っても、その人のライフスタイルや好みによって違いますが、「収納が多い」「外部や家庭内でのプライバシーが守られる」「動線(特に家事動線)が短く、使いやすい」ものが住みやすい間取りの条件になるようですね!ぜひ、今回の成功例等を参考にして、住みやすい間取りのお家づくりに活用してください!

パパまるハウスでは今回ご紹介した「平屋」「はぴママ」「カラフル」以外にも、プロが考えた住みやすい間取りのお家プランを多数ラインナップ。「企画提案型住宅」なので、注文住宅のように最初から間取りを考えなくても、ご自身のライフスタイルに合ったプランを選ぶだけで、住みやすい間取りのお家を低価格で手に入れることができます!

是非一度、パパまるハウスのお家のプランや建築事例のページをご覧になってください!

・商品ラインナップのページはコチラ
・建築事例のページはコチラ

電話でのお問い合わせ
【全国共通フリーダイヤル】
0120-506-880

受付時間 / 8:30~18:00 ※ 夏期・年末年始休暇を除く

メールでのお問い合わせ
このページのトップへ
新型コロナウィルス感染症対策について
メールでのお問い合わせ 資料請求